SDGsと企業の責任(3) CSRの次の段階へ
法政大学教授 長谷川直哉

やさしい経済学
2020/3/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1992年、国連はブラジルのリオデジャネイロで環境と開発をテーマに「地球サミット」を開催しました。このサミットでは「気候変動枠組み条約」「生物多様性条約」「森林原則声明」「アジェンダ21」が採択され、これ以来、サステナビリティーは世界共通の価値観となったのです。

サステナビリティーは地球環境と社会、それぞれの持続可能性という意味で使われます。国際NGO(非政府組織)のナチュラルステップは、その必…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]