/

この記事は会員限定です

新型コロナで食に変化 外食に影、米・冷凍買いだめ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中部地方の「食」需要に変化が起きている。飲食店から客足が遠のく一方、スーパーでは米や冷凍食品など保存がきく食品の買いだめが目立つ。2日から小中学校や高校が臨時休校となったことで、子どもが簡単に食べられるカップ麺や缶詰など保存食の需要はさらに高まりそうだ。

「新型コロナで外食が減ったので、家で保存できる食材を買いだめておきたくて」――。3日、岐阜市にオープンしたM...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン