/

この記事は会員限定です

河井案里氏秘書ら3人逮捕 連座制適用なら当選無効も

[有料会員限定]

2019年7月の参院選を巡り、自民党の河井案里参院議員の公設秘書らが公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された。公選法は選挙の公正さを保つ観点から運動員の買収行為を厳しく罰しており、秘書が有罪となった場合は案里氏への連座制適用が焦点となる。

選挙運動は自発的に無報酬で行うことが原則で、例外的に運動員に報酬を支払う場合も公選法で上限が定められている。これを超えた場合は買収罪に問われ、3年以下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン