6/2 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 伊藤忠、時価総額で商社初トップ 三菱商事を逆転
  2. 2位: サイゼリヤ社長、席数8割で利益確保 コロナで改革[有料会員限定]
  3. 3位: 日経平均が続伸、終値263円高の2万2325円 買い戻し
  4. 4位: ファストリからニトリへ 小売株物色に浮かぶ長期投資家[有料会員限定]
  5. 5位: 「逆張りETF」投資口数が急増(市場点描)[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月2日 132.171 +0.078

[PR]

商品ニュース

魚、5年間で7割が上昇 消費は過去最低

2020/3/4 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

魚の消費が減り続けている。2019年の魚介類向け支出額は3年連続で過去最低を更新した。サケ、サンマやイカなど大衆魚が不漁で、価格上昇が消費者を遠ざけている。サーモンなど輸入水産物も、世界の需要増で国際相場は右上がりだ。豊洲市場(東京・江東)の19年の取扱高は前年より約5%減少。20年も新型コロナウイルスの感染拡大で取引は落ち込んでいる。

総務省の19年の家計調査によると、魚介類への年間支出額(2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム