障害あっても円滑に移動 ANA、京急などサービス化へ

2020/3/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

誰もが移動を諦めない世界へ──。障害を持っていても、高齢者でも、公共交通を使ってスムーズに移動できるようにと産官学が手を組んだ。全日本空輸(ANA)と京浜急行電鉄(京急)、横須賀市と横浜国立大学が「ユニバーサルMaaS(マース、次世代移動サービス)」という名前で、2020年度にもサービス化する予定だ。

ユニバーサルMaaSとは、さまざまな交通手段を統合し、1つのサービスとして乗り継ぎやすく提供す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]