日立の次世代ステレオカメラ、コスト抑え交差点に対応

2020/3/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立オートモティブシステムズは、遠方と近距離の両方の障害物検知に対応した次世代ステレオカメラを開発した。同カメラを自動ブレーキ用のセンサーに使うと、交差点の右左折時における車両や自転車、歩行者に対応できる。

■スズキ採用の新型をベースに開発

同社のステレオカメラは現在、SUBARU(スバル)やスズキの先進運転支援システム(ADAS)用センサーに採用されている。スバルの「アイサイト」で使うカメラは基…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]