/

大分で30代女性コロナ感染 飲食店勤務、県内初

(更新)

大分県は3日、大分市に住む飲食店従業員の30代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は初めて。県によると、女性は市の繁華街にある飲食店「ラウンジサザンクロス大分」に勤務。市内の感染症指定医療機関に入院しており、容体は安定している。

 新型コロナウイルスへの感染確認を受けた大分県の対策本部会議(3日午後、大分県庁)=共同

県や市によると、女性は2月22日夜まで出勤していた。23日午後に市内のスポーツジムを利用した後、発熱や頭痛の症状が出たため、24日に市内の病院を受診。症状が改善せず、3月3日にPCR検査で感染が確認された。発症前2週間は県外に出ておらず、感染経路は不明という。

同居する40代男性に症状はないが、14日間の自宅待機を要請し、検査を実施する。女性の同僚約30人のほか、2月10~22日に同店を訪れた客やジムの利用者らに濃厚接触者がいないかどうかも調べる。県は「不特定多数の人と接触している可能性が高く、広く注意を呼び掛けるため」として女性の勤務先を公表した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン