/

この記事は会員限定です

「手書きでも新聞は出す」 津波被害、伝える使命貫く

ローカリスト・近江弘一さん(3)

[有料会員限定]

東日本大震災から9年。復興のトップランナーともいわれる宮城県女川町で、まちづくりを支える近江弘一さん(61)の半生を5回に分けて連載する。3回目は世界中で有名になった壁新聞がどのように生まれたかを振り返る。

◇   ◇   ◇

 「日本最大級の地震」「正確な情報で行動を!」。津波で輪転機が使えなくなった石巻日日(ひび)新聞社(宮城県石巻市)は、油性ペンで手書きした壁新聞を東日本大震災の翌日から6日間制作。毎日6枚を避難所などに張り出した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

震災9年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン