中小も凍える新型コロナ 中国人客ゼロ、資金繰り急ぐ

2020/3/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が、中小企業に影を差している。特に中国人を顧客に抱えるサービス業の打撃が大きく、2020年度の売上高が前年度より3割以上減ると予想する旅行会社もある。感染拡大の影響とみられる「関連倒産」も発生し、問題の長期化を念頭に資金繰りに動く経営者が増えている。

小中高校の多くで臨時休校が始まった2日、中小企業からは戸惑いの声が聞かれた。自治体向けイベント企画会社(東京…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日経クロストレンド