米ギリアド、がん免疫薬ベンチャー買収 5300億円で

2020/3/3 6:37
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬大手のギリアド・サイエンシズは2日、がん免疫薬を開発するバイオ医薬ベンチャーの米フォーティー・セブンを約49億ドル(約5300億円)で買収すると発表した。フォーティー1株あたり現金95.50ドルを支払う。4~6月期中の手続き完了を見込む。がん分野での新薬候補の品ぞろえ強化につなげる。

米ギリアドは事業買収でがん治療薬の開発を強化する=ロイター

フォーティーが手掛ける血液がん治療薬は現在、治験初期の段階にある。複数の種類のがんの治療に使える可能性があるという。患者の免疫の仕組みを利用するがん薬は、幅広い種類のがんに効果を持つ米メルクの大型薬「キイトルーダ」を筆頭に売り上げが急拡大している。業界の開発競争が加速する中、新薬候補を持つ企業を買収で取り込む動きも活発になっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]