/

NYダウ、1293ドル高 上げ幅過去最大

協調緩和期待で

世界の中央銀行への緩和期待が高まりNY株は大きく反発した(2日、ニューヨーク証券取引所)=ロイター

【ニューヨーク=大島有美子】2日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は、前日比1293ドル高の2万6703ドルで取引を終えた。1日の上げ幅は2018年12月26日の1086ドルを上回り、過去最大となった。世界各国の中央銀行が協調して金融緩和に踏み切り、新型コロナウイルスの感染拡大で減速する世界経済を下支えするとの期待が市場で高まった。

ダウ平均は8営業日ぶりに反発した。個別銘柄で上昇幅が大きかったのは米アップル(9%)やウォルマート(8%)などハイテク株や小売り株だった。JPモルガン・チェース(5%)など金融株も買われた。

市場関係者の間では、米連邦準備理事会(FRB)など主要国の中銀が早ければ今週にも協調して金融緩和に踏み切る可能性を指摘する声が上がっている。パウエルFRB議長は2月28日発表の声明で利下げを示唆し、日銀も2日午前(日本時間)に、市場からの資産買い入れなどを通じて潤沢に資金供給すると強調する黒田東彦総裁の談話を公表。英イングランド銀行(中央銀行)も協調する姿勢を示していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン