米国の新型コロナの死者6人に 一部で買い占めも

2020/3/3 5:11 (2020/3/3 6:47更新)
保存
共有
印刷
その他

米国でも、コストコなどで日用品の買い占めが起きた=ロイター

米国でも、コストコなどで日用品の買い占めが起きた=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米国で新型コロナウイルスの影響が広がってきた。世界でも感染者数が比較的少人数にとどまっていた米国だが、ニューヨークやフロリダで初の感染者が確認され、死者数は全米で計6人に達した。買い物や外出の頻度を減らす動きも出ており、一部では日用品などの買い占めも起こり始めた。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事とニューヨーク市のビル・デブラシオ市長が2日、同州で初めて確認された感染事例について共同会見を開いた。感染者は30代女性の医療従事者で、イラン滞在中に感染。現在はニューヨーク市マンハッタンの自宅に隔離されているという。

フロリダ州は同日、イタリアから帰国した2人の感染者を確認したと発表し、緊急事態を宣言。さらに集団感染事例も出ているワシントン州は、死者が4人増えたと発表。新型コロナによる米国の死者数は計6人となり、全米で感染拡大への警戒が広がっている。

ツイッターには、スーパーに殺到する客の様子が多数投稿された

ツイッターには、スーパーに殺到する客の様子が多数投稿された

テキサス州サンアントニオ市も同日、非常事態宣言を出した。同市はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」乗客がチャーター機で帰国後、隔離先となった米空軍基地と近接する。隔離期間を終えた乗客女性が同市内に移動後、再検査で陽性となったことで、市中感染への懸念が高まっている。現在、この女性と接触があった21人を経過観察している。

新型コロナの感染拡大を受けて、一部スーパーでは日用品の買い占めも起きている。米小売り最大手ウォルマートや米会員制ディスカウントストアのコストコは、一部店舗でマスクや除菌シート、水、トイレットペーパーなどが品薄となった。

ツイッターには、コストコに買い物客が殺到する様子が多数投稿された。サンフランシスコの店舗で駐車場の外まで続く長い車列を映した動画とともに、「セールイベント『ブラック・フライデー』でもこんな列は見たことない。まだ午後2時なのにトイレットペーパーが売り切れていた」と嘆く声もみられた。

米株式市場では日用品の買い物需要が高まるとの見方から、コストコ・ホールセールやウォルマートの株価が上昇した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]