/

2月の米製造業景況感が小幅低下、新型コロナの影響で

【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が2日発表した2月の米製造業景況感指数は50.1で前月から0.8ポイント低下した。新型コロナウイルス感染拡大の影響が一部に出て、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(50.8程度)も下回った。製造業景気の拡大・縮小の境目である50は2カ月連続で上回った。

米製造業景況感は小幅に低下(米テネシー州の自動車工場)=ロイター

5つの指数構成項目のうち「新規受注」が2.2ポイント低下して49.8と縮小圏になったほか、「生産」も50.3で4.0ポイント低下した。一方「雇用」は46.9で0.3ポイント上昇した。

回答企業からは「コロナウイルスがサプライチェーン(供給網)の重大なリスク」(加工金属)、「生産に遅れが出て業界は混乱している」(コンピューター・電子部品)とコロナウイルスの影響を指摘するコメントも目立った。一方、「景気はよい」(プラスチック・ゴム)、「売り上げは堅調」(機械)など楽観的なコメントも聞かれた。

CIBCキャピタル・マーケッツのエコノミストは、2月の調査は「回答時期の関係でコロナウイルスの影響をはっきり捉えられておらず、3月には一段と低下する」との見方を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン