/

この記事は会員限定です

津賀改革「未完」9年目に パナソニック社長留任へ

[有料会員限定]

パナソニックの成長モデルの転換が遅れている。「モノ作らぬメーカー」と打ち出した津賀一宏社長(63)だが、実現の道のりは遠い。収益源となる事業の育成も思うように進まず、異例の在任9年目に突入する。デジタル時代を生き抜く成長モデルの具体化は喫緊の課題だが、過去の成功体験の否定につながる抜本改革は容易ではない。

1月、津賀氏は米ロサンゼルスで電気自動車(EV)メーカーの米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CE...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン