/

この記事は会員限定です

英王立国際問題研所長「新型コロナで脱・中国依存」

ロビン・ニブレット氏

[有料会員限定]

英王立国際問題研究所のロビン・ニブレット所長は日本経済新聞の取材に「新型コロナウイルスが終息しても、世界経済がV字回復するかは疑問だ」と語った。中国に集中しすぎたサプライチェーン(供給網)を見直し、脱炭素社会に向けた生産体制への移行が徐々に進むとも指摘した。米国と中国の貿易摩擦は「今後10年は続く」との見方を示した。

国際通貨基金(IMF)は4~6月期に中国経済が平時に戻ると想定している。これに対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン