/

ANA・JAL、国際線もキャンセル手数料無料

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は2日、国際線のキャンセルや変更の手数料を無料にすると発表した。路線やキャンセルの理由は問わない。両社は中国路線や国内線はすでに同様の対応を取っているが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国際線も全路線に対象を広げる。

対象となるチケットは、ANAが航空券番号が「205」から始まる航空券、JALが「131」から始まる航空券となる。ただ、旅行会社経由で購入したチケットについては旅行会社がキャンセルの手続きを担う。

対象となる期間は日本発着便については両社とも3月19日搭乗分までの航空券で、2月28日までに発券済みのもの。

中国発着便はANAが4月30日までの搭乗分で2月26日までに発券されたもの、JALが4月20日までの搭乗分で2月27日までに発券されているチケットとなる。

航空券は通常、予約をキャンセルしたり便を変更したりする場合、手数料がかかる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン