/

この記事は会員限定です

「古代の酒」海外酔わせる 隠岐や奥出雲、受賞テコ開拓

ウェーブ島根

[有料会員限定]

島根県内の日本酒メーカーが輸出を活発化させている。古事記など古代の文献を基に、県は「日本酒発祥の地」をうたうが、大手メーカーや東北・新潟といった地酒に比べ知名度が低く、近年は国内消費が伸び悩む。海外での和食ブームを追い風に、新たな収益源にしようとしている。

「これは江戸時代のつくりを再現した酒。魚介類によく合います」。2月27日、松江市のホテルに、海外のバイヤーを相手に隠岐酒造(島根県隠岐の島町...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン