欧州エネ、脱炭素に転換 独RWEや仏エンジー

2020/3/3 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

化石燃料への逆風が強まる中、欧州エネルギー大手が事業転換に動き出している。独電力大手のRWEは火力事業の段階的な廃止を宣言し、2019年末に同業の独エーオンから再生エネ事業を買収した。仏エンジーも液化天然ガス(LNG)事業を売却し再生エネ企業への衣替えを狙う。日本企業も再生エネ強化を進めているが、業態を変えるほどの抜本改革には及び腰だ。

「Energiewende(エネルギー転換)の一環だ」。ド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]