/

この記事は会員限定です

ホンダ、埼玉2工場で生産調整 中国製の部品が不足

日産やマツダも

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、自動車大手の国内生産への影響が長引いている。ホンダは3月初旬の数日間、埼玉県の2工場で数百台の生産を減らす。中国からの部品供給が不安定で、不足する懸念があるためだ。日産自動車も子会社工場で3月の土日の稼働を見送り、マツダは一部車種の生産を先送りする。日本が輸入する車部品のうち中国製は3割超を占め、自動車各社の生産計画の変更を迫っている。

2月の国内新車販売台数(軽自動車含む)は前年同月比...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン