ノーリツ鋼機、旧パイオニアのDJ機器メーカー買収

2020/3/2 19:00
保存
共有
印刷
その他

ノーリツ鋼機は2日、パイオニアから独立したDJ機器メーカーのAlphaTheta(アルファシータ、横浜市)を買収すると発表した。買収額はアドバイザリー費用を合わせて350億円で、このほかにアルファシータが抱える300億円の有利子負債を引き受ける。4月3日までに全株式を取得し完全子会社化する。

新たに設立する特定目的会社(SPC)を通じてパイオニアと米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が持つ全株式を取得する。SPCはノンリコースローンで300億円を借り入れ、アルファシータが抱える300億円の有利子負債を返済する。

アルファシータの前身企業であるパイオニアDJはDJ機器の世界シェア6~7割を持つとみられる。ノーリツ鋼機はマーキングペンのペン先部品の生産などが主力。エンターテインメント関連事業を買収するのは初めてだが、海外でも強いDJ機器を取り込むことにした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]