LNG契約、買い手が反旗 大ガスが見直しへ仲裁申し入れ

2020/3/2 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

液化天然ガス(LNG)の価格低迷に日本のガス・電力会社が気をもんでいる。新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済を減速させるとの懸念が広がり、下げがきつくなった。LNG市場では昨年から需給緩和による価格低迷が長期契約に反映されず、割高だと買い手企業が不満をためている。大阪ガスが売り手企業に国際仲裁を申し入れるなど買い手の反乱が起きている。

問題はパプアニューギニアのLNGプラントを巡って起きた。関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]