/

新潟・古町に複合ビル「ルフル」完成 大和百貨店跡地

新潟市にある繁華街、古町地区の大和百貨店跡地で建設が進んでいた後継ビルの「古町ルフル」が完成した。4月以降に金融機関やコンビニなどが順次入居する。5月には市役所の一部機能も移転し、職員約800人が勤務する予定だ。同地区では近隣に建つ新潟三越が3月22日に閉店する中、昼間人口の増加などの効果が期待される。

旧大和百貨店跡地に完成した「古町ルフル」

新ビルは2月29日に完成した。3月26日に竣工式を開く予定だ。大光銀行や三菱UFJ銀行といった金融機関のほか、パン店の「ジョアン」やコンビニエンスストアのローソン、ドラッグストアのココカラファインなどが入居を予定する。

古町ルフルの再開発事業は地元の地権者らで作る「古町通7番町地区市街地再開発組合」が担い、2018年2月に着工。旧大和新潟店は10年に閉店しており、後継施設の完成まで10年を要した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン