地方と国、増える司法決着 地方分権一括法20年
論説委員 斉藤 徹弥

斉藤 徹弥
2020/3/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自治体と国を対等の関係とした地方分権一括法の施行から4月で20年。地方分権は停滞が否めないが、対等になったかどうかでみると成果と言える事象もある。法の運用や関与を巡って自治体が国と裁判で争う行政訴訟が増えてきたことだ。

ふるさと納税復帰を求め、総務省を訴えた大阪府泉佐野市。高裁は「寄付という法的枠組みを逸脱した」と退けたが、市は上告し「寄付の法的枠組みに反すれば不利益を課すルールは事前になく、法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]