/

大阪メトロ、トンネルで5G実証実験 基地局をシェア

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)と住友商事は2日、地下鉄のトンネル内で次世代通信規格「5G」の基地局を複数の携帯電話事業者でシェアリングする実証実験を10月に始めると発表した。5Gは4Gより多くの基地局の設置が必要であり、勾配のあるトンネル内でも途切れずに電波を飛ばせるかなどを検証する。2021年度中の実用化を目指す。

地下鉄御堂筋線のなんば駅と心斎橋駅の間で実施する。大阪メトロが基地局の設置場所の提供や、光ファイバー回線などのネットワークを構築。住友商事が5Gの共用アンテナシステムの開発と調達を担う。25年の国際博覧会(大阪・関西万博)には地下鉄の乗客が5Gを利用できるようにする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン