広電、スマホで一日乗車券購入 10日から可能に

2020/3/2 16:51
保存
共有
印刷
その他

広島電鉄は2日、スマートフォンで一日乗車券などを購入できるサービスを10日に始めると発表した。利用者はスマホ画面のチケットを運転士に表示して乗車できるようになる。住民や観光客の移動データの把握にも生かす。今後は観光タクシーやシェア自転車などとも連携し、目的地への最適な移動経路を提示する機能も加える。2021年3月までに10万人の利用を目指す。

利用者は広電の専用サイトで乗車券を選び、クレジットカードで購入する。一日乗車券は基本的に当日の始発から終電まで使えるが、スマホによる購入では最初の乗車から24時間有効となる。正午に利用を始めた場合、翌日の午前11時59分まで使える。

一日乗車券のほか、宮島行きフェリーの乗船券を組み合わせたチケットなども取り扱う。広電としてスマホで乗車券を買えるようにするのは初めて。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]