首相、補佐官と3閣僚注意 パーティー開催、本部欠席

2020/3/2 15:56 (2020/3/2 18:43更新)
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、政府がイベント自粛を全国に要請した2月26日に出版記念パーティーを開いた秋葉賢也首相補佐官を注意したと明らかにした。2月16日の対策本部会合を欠席し地元行事に参加した小泉進次郎環境相、萩生田光一文部科学相、森雅子法相も菅義偉官房長官を通じて注意したと説明した。

西村康稔経済再生担当相、北村誠吾地方創生担当相、竹本直一科学技術担当相は、政府の専門家会議が立食パーティーの回避を求めた後の2月25日に東京都内で開かれた自民党の杉田水脈衆院議員のパーティーに出席したと認めた。西村氏は「自粛要請の前日だった」として、問題はなかったと強調した。

首相は秋葉氏について「28日の夕刻に呼び、直接注意を行った」と説明。「開催の適否も含め慎重に判断すべき事柄だった」との認識を重ねて示した。立憲民主党の蓮舫氏は秋葉氏の罷免を要求したが、首相は「今回のことを反省しながら補佐官として全力を尽くすことを期待している」と語り、改めて拒否した。

対策本部を欠席した3閣僚に関しては「官房長官を通じ『こうした時期に鑑み注意するように』と伝えた」とした。首相も夜の会食出席を控えるべきだとの指摘には「少人数会合を自粛するよう(国民に)要請していない。私も、さまざまな方から話を伺う必要がある」と反論した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]