プロ棋士ペア碁 奥田四段・村川十段が優勝(盤外雑記)

囲碁・将棋
2020/3/6 2:00
保存
共有
印刷
その他

プロ棋士ペア碁選手権で優勝した奥田あや四段・村川大介十段ペア(1日、東京都千代田区)

プロ棋士ペア碁選手権で優勝した奥田あや四段・村川大介十段ペア(1日、東京都千代田区)

囲碁のプロ棋士ペア碁選手権2020の決勝戦で、奥田あや四段・村川大介十段ペアが鈴木歩女流棋聖・余正麒八段ペアを破って優勝した。奥田四段の優勝は初めて、村川十段は4年ぶり2回目。大会は16組32人のトップ棋士が参加した。

囲碁の第45期棋聖戦の1次予選にあたるファーストトーナメントで、アマチュア代表の栗田佳樹さんが5連勝し、Cリーグ入りした。趙善津九段、外柳是聞三段らを破った。栗田さんは東京理科大の学生で、アマのCリーグ入りは初めて。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]