札幌のアイビック食品、動画で遠隔営業、コロナ対策も

2020/3/2 15:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

だし・たれ・スープ製造のアイビック食品(札幌市)は動画を使った遠隔での営業や工場のIT(情報技術)化を強化する。新型コロナウイルス対策やフードディフェンス(食品防御)、人手不足に対応する狙い。既に整備に着手しており、年内のなるべく早い時期に完了させる。投資額は数百万円で、一部を国のIT補助金でまかなう。

動画営業は新型コロナ対策を含むテレワークの一環。営業担当者が自分のプレゼンを撮影し、取引先の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]