ちょい高ワケあり野菜 「発見」が一番のごちそう

消費を斬る
日経MJ
コラム(ビジネス)
2020/3/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最近、スーパーなどで生産者の顔写真だけでなく、農法や生産者の生きざまなど、店頭でこだわりを掲示する野菜や果物が目に付く。値段はちょっと高め。新規就農者支援を進める坂ノ途中(京都市)では、同社の有機野菜を良品計画や高島屋、北野エースが取り扱いを始めた。傷物で安いのではなく、こだわりで高いのが今どきの「ワケ」あり。なぜ広がっているのか。

「葉とらずりんご、ってなんだろうね?」。福島屋秋葉原店(東京・…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]