オリンパス、大腸ポリープ見つけるAIシステム

2020/3/2 14:49
保存
共有
印刷
その他

オリンパスは人工知能(AI)で大腸の病変を発見する内視鏡向けシステムを5月に発売する。AIプログラムに演算装置やモニターを組み合わせたもので、同社製の内視鏡と一緒に使う。がんやポリープを熟練医並みの精度で見つけられ、経験の浅い医師が病変を見逃さないようにサポートする。

システムの基となるAIプログラム「エンドブレインアイ」は昭和大学と名古屋大学、富士ソフト傘下のサイバネットシステムが開発。内視鏡…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]