/

富士通、AI人材と第二新卒の採用を強化

富士通は2日、2021年4月入社の新卒採用と20年4月~21年3月の中途採用の計画を発表した。採用人数は前期と同じ新卒750人、中途300人としたが、人工知能(AI)やサイバーセキュリティーなど、専門性が高いスキルを保有する人材などの中途採用を強化する方針を示した。

新卒は景気動向に左右されず前年並みの人数を採用する。中途採用では専門技術を習得した人材と、顧客企業の業務部門の経験があり新卒から数年以内の「第二新卒」の人材の採用に力を入れる。デジタル関連のシステム構築事業の強化を掲げた経営方針に対応する狙いだ。専門技術の人材は即戦力として、第二新卒は顧客企業の業務課題を理解し、IT(情報技術)を活用した改善策を提案できる人材として期待する。

(島津忠承)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません