堅調、非製造業にも陰り 雇用への波及焦点

2020/3/2 12:43 (2020/3/2 20:17更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業業績の停滞が鮮明だ。財務省が2日発表した法人企業統計によると、2019年10~12月期に日本企業は2四半期連続で減収減益だった。収益の悪化で設備投資も13四半期ぶりに前年割れとなった。堅調だった非製造業で減収幅が拡大し、設備投資も減り始めた。内閣府が9日に公表予定の実質国内総生産(GDP)改定値もマイナス幅が拡大する見通しだ。

この統計は資本金1千万円以上の法人を調査しており、中小を含む日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]