下着窃盗容疑で局長逮捕 東北通信局、女湯に侵入

2020/3/1 18:16
保存
共有
印刷
その他

ホテルの女湯に侵入し女性用下着を盗んだとして、宮城県警仙台南署は1日、総務省東北総合通信局長、田中宏容疑者(58)を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

総務省は1日付で、田中容疑者を総務省大臣官房付とする人事を発表。局長事務代理となった高橋重行同局総務部長は仙台市で記者会見し「誠に遺憾。国民に深くおわび申し上げる」と陳謝。事実確認を進め、厳正に対処するとしている。

同局によると、田中容疑者は静岡県出身。東北大卒業後、旧郵政省に入り、総務省放送技術課長などを歴任。昨年4月、東北総合通信局長に就任した。

逮捕容疑は2月29日午前10時5分~同11時ごろ、仙台市太白区のホテルにある女湯の大浴場に侵入、脱衣所から女性用下着1組を盗んだ疑い。

仙台南署によると、被害者が従業員に申告し、ホテルが署に通報。ホテル内にいた田中容疑者のかばんの中から盗まれた下着を発見し、防犯カメラの映像などから出入りも確認できたとして逮捕した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]