/

新型コロナ、タイで初の死者 感染疑い未報告に罰金

マスクをしてバンコクの高架鉄道に乗る人々(2月26日)=ロイター

【バンコク=村松洋兵】タイの保健省は1日、新型コロナウイルスに感染していた人の死亡を、同国で初めて確認したと発表した。タイ国内で中国人客と接触があった販売員のタイ人男性(35)で、肺炎に加えデング熱も同時に発症していた。検査で陽性反応があった後、治療でいったんは陰性になったが、症状が悪化し2月29日に多臓器不全で死亡した。

また、タイ政府は3月1日から、新型コロナに感染した疑いのある人を見つけた場合、3時間以内に保健当局への報告を義務付けると発表した。違反者には最大2万バーツ(約7万円)の罰金を科す。

タイは中国以外では初めて新型コロナの感染者が見つかった国で、これまでに42人の感染が確認されている。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン