仮想空間で自動運転実験 総務省、電波干渉を調査

2020/3/1 22:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省は自動運転やドローンなど高度な無線通信技術を仮想空間で実験できるようにする。膨大な電波が飛び交う市街地などの環境をコンピューター上に再現し、事故につながりかねない電波の干渉を調べる。企業に利用してもらい、現実世界で難しい実験を低コストで迅速に実施することで開発の加速をめざす。

2020年度から30億円を投じて高性能のサーバーや計算機をつなぎ合わせ、現実世界を模した仮想空間をつくる。自動運転…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]