/

新型コロナ休校、与野党「迅速な対応」「説明不十分」

与野党の参院幹部は1日のNHK番組で、新型コロナウイルスに関する対応をめぐり討論した。安倍晋三首相が全国の小中学校や高校などの休校を要請したことについて、与党は「迅速な対応だ」と評価した。野党は「根拠の説明が不十分だ」と指摘し、首相が休校を要請した経緯を明らかにするよう求めた。

自民党の世耕弘成参院幹事長は首相の休校要請に関して「迅速に対応していくことが重要だ。全国的にどこで広がるか明確でない状況で、休校は有効だ」と述べた。政府が「休業補償を具体化するなど不安の払拭に努めることが重要だ」と指摘した。

立憲民主党の長浜博行参院議員会長は「結論に至ったプロセスを教育現場に理解してもらわなければ、子どもたちには伝わらない」と疑問を呈した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン