/

新型コロナ、韓国で初の日本人感染者

新型コロナウイルス

【ソウル=共同】韓国南東部・大邱で日本人の新型コロナウイルス感染が確認されていたことが29日分かった。関係者が明らかにした。韓国で日本人の感染が判明するのは初めて。年齢や性別などは明らかになっていない。

韓国政府は29日、国内の感染確認者が1日で813人増え、計3150人になったと明らかにした。大邱が大半の計2236人を占める。

同日まで計約9万4千人を対象に大規模な検査が実施されており、うち約3万5千人の検査結果が出ていない。感染者数の増加は続く見通しだ。

感染者数はソウルが計77人、南部・釜山が計80人で都市部でも増え続けている。韓国内の死者は計17人。政府の防疫当局者は記者会見で、可能な限り週末の外出を控えるよう呼び掛けた。新興宗教団体の信者らによる集団感染が起きている大邱では、感染者用の病床が不足している。

日本外務省は28日、韓国全土を対象に、渡航の際に十分な注意を促す感染症危険情報レベル1を出した。韓国外務省は29日未明、日本全域を対象に、訪問に際して注意を促す旅行警報の第1段階を発令した。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン