/

この記事は会員限定です

「誰も見てない」「より孤独感」 プロ野球初の無観客

[有料会員限定]

選手紹介の電光掲示、球場のアナウンスに登場曲。すべて本番仕様ながら、お客さんがいない。募るむなしさを吐露したのは初回にソロを放ったロッテ・井上だ。本番の予行演習として、あえてパフォーマンスもしてみたが「誰も見てくれない悲しさがあった」。

ホーム、敵地にかかわらず、スタンドの声援でリズムを取る、という選手も増えた昨今。楽天の先発、松井は「より孤独感があった」と漏らした。ただ一人のマウンドのよるべなさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り482文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

篠山 正幸

カバージャンル

  • 野球ほかスポーツ全般

経歴

1985年東北大卒、日本経済新聞社入社。主に運動部に在籍し、プロ野球を中心に取材歴35年。本紙朝刊にコラム「逆風順風」、電子版に「勝負はこれから」を連載。著書に「プロ野球 心にしみる80の名言」(ベースボール・マガジン社)「プロ野球 平成名勝負」(日本経済新聞社)。共著、監修本に「プロ野球よ」「そこまでやるか」(ともに日本経済新聞社)など。現職は編集委員

活動実績

2016年11月 テレビ北海道情報番組 日本ハムの新球場への期待

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン