投資マネー、リスク資産離れ 原油・低格付け社債下落
長短金利は再び逆転

2020/2/29 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて金融市場で投資マネーのリスク資産離れが進んでいる。世界経済の打撃になるとの警戒感が強まり、投資家がリスクを敬遠する。米10年物国債の利回りは過去最低記録の更新が続き、3カ月債の利回りよりも低くなる「逆イールド」に再びなっている。商品市場では原油が急落した。米連邦準備理事会(FRB)が再利下げを示唆するなど各国は政策総動員に動き出した。ただ感染拡大が止ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]