日用品、SNS誤情報で買いだめ 店頭で紙製品が品薄

2020/2/29 19:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マスクに続き、トイレットペーパーが店頭から消えた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて日用品を買い占める動きがみられるなか、トイレットペーパーが品薄になるといった誤った情報が拡散したためだ。こうした極端な例は別としても、買い物や外出の頻度を減らすためいつもより日用品や食料品を多く買う消費者は増えている。

29日、新宿区内の大手スーパーでは開店前から客が列をなし、午前8時半の開店時にはおよそ50人…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]