FRB、大幅利下げも 市場は月内0.5%予測

2020/3/1 1:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルスによる景気不安を抑えるため、3月17~18日の次回会合で利下げする検討に入った。市場では0.5%の大幅な利下げ観測が浮上し、会合を前倒しするとの見方もある。株安を食い止める狙いだが、政策金利はすでに1.50~1.75%まで下がっている。今後の緩和余地の乏しさもあり、市場関係者にはマネー萎縮が止まるかについて警戒感が残る。

FRBは17~18日に次回の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]