[社説]欧州安定に逆風のドイツ政局

2020/3/1 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドイツの内政が揺れている。折しも欧州連合(EU)から英国が離脱したばかり。域内の大国ドイツが指導力を発揮できなければ、欧州の安定や結束が揺らぎかねない。安全保障や経済への影響も懸念される。警戒が必要だ。

混乱のきっかけは、最大与党・キリスト教民主同盟(CDU)のクランプカレンバウアー党首が辞意を表明したこと。2021年に任期が切れるメルケル首相は、同党首を自らの後継者と位置づけていたが、白紙に戻…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]