/

「風の電話」が特別表彰 ベルリン国際映画祭

【ベルリン=共同】第70回ベルリン国際映画祭で28日(日本時間29日)、東日本大震災で家族を亡くした少女が主人公の「風の電話」が、主に10代の若者向け作品が対象の「ジェネレーション14プラス」部門で次点に当たる国際審査員の特別表彰を受けた。

第70回ベルリン国際映画祭で「風の電話」が特別表彰を受け、授賞式に登壇した狗飼恭子さん(28日、ベルリン)=共同

授賞式には脚本を手掛けた狗飼恭子さんが登壇し、諏訪敦彦監督のコメントを代読。「この日本のささやかな祈りを受け止めてくださった審査員の皆さんに感謝します。(主人公の)ハルと共に旅をしてくれたベルリンの人たち、世界中の傷ついた若者たちに、感謝とともにこの賞をおおくりしたい」と語ると、会場は大きな拍手に包まれた。

受賞作は、震災の犠牲者と遺族の気持ちをつなぐ場として岩手県大槌町に設置された電話ボックスがモチーフ。震災で家族を失った高校生のハル(モトーラ世理奈さん)が、身を寄せていた広島から故郷の大槌町を目指す旅を通じて生きる力を取り戻す姿を描いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

震災9年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン