/

この記事は会員限定です

混迷相場、トップアナリストに聞く注目銘柄(2020年アナリストランキング)

[有料会員限定]

機関投資家が株式アナリストを評価する「第32回人気アナリスト調査」で、業種別と市場関連の32部門のランキングが決まった。新型コロナウイルスの感染拡大で株式市場の混迷が続く中、銘柄選別の重要性が高まっている。日経ヴェリタスが各部門のトップアナリストにアンケート調査を実施したところ、成長分野に対応した需要の獲得や構造改革に取り組む企業や、株主還元に積極的な銘柄に関心が集まった。

5Gや自動化銘柄に期待

世界経済の不透明感が増す中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン