金正恩氏「ウイルス流入なら深刻」 新型コロナ
不正で高官解任も

2020/2/29 11:28
保存
共有
印刷
その他

党の政治局拡大会議に出席した金正恩氏=朝鮮中央通信・ロイター

党の政治局拡大会議に出席した金正恩氏=朝鮮中央通信・ロイター

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、朝鮮労働党政治局拡大会議が開かれ、新型コロナウイルスを巡る「超特級の防疫措置」を討議したと伝えた。金正恩(キム・ジョンウン)委員長は「この感染症がわが国にもたらされた場合の結果は深刻だ」と強い危機感を示した。一方、不正・腐敗行為があったとして複数の朝鮮労働党高官を解任した。

新型コロナウイルスに関する金正恩氏の発言が報じられるのは初めて。金正恩氏は「中央の指揮に国の全部門が無条件で絶対服従する厳格な規律を確立せよ」と強調し、防疫に関する法整備や流入の可能性がある経路を完全封鎖するよう指示した。メディアは感染者の存在を否定しているが、検疫や医療体制は脆弱で実情は分かっていない。

会議では党幹部の一部の官僚主義や不正・腐敗が批判され、李万建(リ・マンゴン)党副委員長らが解任された。金正恩氏は「提起された反社会主義的行為に強い打撃を加える」と発言した。

報道によると28日には、金正恩氏が東部で朝鮮人民軍部隊の打撃訓練を現地指導した。金正恩氏は即時の戦闘に万全の態勢を整えている部隊に感謝の意を示したという。29日付の党機関紙「労働新聞」は海岸での訓練を視察する金正恩氏の写真を掲載した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]