/

この記事は会員限定です

外出控えでカフェ閑散、コーヒー相場に冷や水

商品部 黒瀬幸葉

[有料会員限定]

コーヒー豆の国際相場の上値が重い。新型コロナウイルスの感染拡大で景気の落ち込みが予想され、コーヒー豆の需要も減少するとの懸念が強まっているためだ。特に中国は、コーヒー豆の最大生産国のブラジルにとって最大の輸出先。ここ数年、中国のコーヒー市場は成長を遂げていただけに、新型ウイルスに思わぬ冷や水を浴びせられた形となっている。

中国の業務用需要に黄色信号

コーヒーの国際価格の指標となる、ニューヨーク先物(アラビカ種)は2月末時点で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1344文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン