/

新型コロナ、NZで初の感染者確認

【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)政府は28日、同国内で初めて新型コロナウイルスの感染者を確認したと発表した。60歳代のNZ人で、性別は明らかにしていない。感染者が急増しているイランに渡航した後、インドネシアのバリ島を経由し、26日にNZに到着した。最大都市オークランドの病院に入院しており、容体は安定しているという。

ニュージーランドのアーダーン首相=ロイター

NZ政府は同日、イランからの外国人の入国を認めない方針を表明した。NZ人や永住権保持者は入国できるが、14日間の自主的な隔離を求める。NZ政府はすでに中国本土に滞在した外国人の入国を拒否している。

感染が広がる日本、韓国、香港、シンガポール、タイからの直行便については空港の医療係官を増員し、乗客の健康状態の確認などを徹底する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン