/

マスクの出品自粛要請 経産省、オークション事業者に

経済産業省は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて品薄が深刻になっているマスクや消毒剤について、3月14日以降はネットオークションへの出品を自粛するよう事業者に要請した。期限が来れば出品できなくなるため、転売目的で大量にマスクや消毒剤を保有している出品者に在庫を適正価格で市場に出すよう促す狙いがある。

政府はこれまで、高値での取引を自粛するようネットオークション事業者に求めてきたが、もう一段踏み込んで出品自体の自粛を要請する。14日以降に出品が確認されれば、事業者側が商品の掲載を削除するなどの対応を求める。

オークション以外の通販サイトやフリマアプリなどでは大量転売を防ぐため、3月14日以降は7~10枚程度の小ロットで販売するよう求めた。サイトに適正な価格水準を表示させる検討も進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン