県内金融機関、新型コロナ向け融資商品相次ぐ

2020/2/28 20:20
保存
共有
印刷
その他

長野信用金庫(長野市)は28日、新型コロナウイルスで経営に影響を受けた企業向けの特別融資商品の取り扱いを始めた。通常より低い金利で融資し、企業活動を支援する。松本信用金庫(松本市)など他の県内金融機関も新型コロナ向けの商品を相次ぎ用意しており、企業活動の停滞を最小限に抑える。

長野信金の「新型コロナウイルス感染症対応特別融資」は、影響を受けた企業が通常の融資より1%低い金利で、最大1億円を借りられる。

松本信金は「特別緊急サポート融資2020」を3月2日から用意する。直近と今後数カ月の売上高の減少が見込まれる企業が最大3億円を借りられる。長野銀行も同日から「災害復興支援特別融資」と「災害緊急特別保証融資」の対象に、新型コロナで影響を受ける恐れのある企業を加える。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]