新型コロナ、四国の観光業に打撃 鉄道利用者減る

2020/2/28 20:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内外で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、四国4県でも観光産業を中心に影響が広がっている。国際線の運休やクルーズ船の寄港中止、集客イベントの延期・中止が相次ぎ、地域経済に影を落とす。2019年の外国人延べ宿泊者数が初めて100万人を突破するなど順調に育ってきた交流人口の拡大は、感染症問題の前でブレーキがかかっている。

「外出を控える動きが出ているかもしれない」。JR四国の半井真司社長の表情は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]